こんにちは。業務サポートチームのA.Aです。
11/2(土)。この日は朝からContrail社員で旅行へ行きました。
行先は日光、東武ワールドスクウェア。
東武ワールドスクウェアは行ったことが無かったのですが、日光も日光で小学校の修学旅行で行ったきり。
それも雨天でしたがこの日は幸いにも天候に恵まれました。
しかし……天候がいいということは外に出る人も多いということであり、そしてやはり3連休の頭。
高速道路は混雑している状態。
思い切り止まるような状態でこそありませんでしたが、どうしてもスケジュールが押してしまい、若干駆け足気味に各地の観光名所を巡ります。
これはお弁当の崎陽軒。美味しくいただきました。

日光といえばやはり、日光東照宮。
観光は自由でしたが、とりあえず行けるならばここに行こう!となりました。

http://www.nikko-kankou.org/spot/2/

日光の山はまだ本格的ではないにしても色づき始めていました。
もう少しすればもっと本格的かもしれません。
天候は良かったのですが、やはり空気は東京周辺と比べれば寒いです。
山の空気が湿っているのもあるのでしょうか。
旅行に行く際は服装にご注意を。

やはり観光客の方が多い。
こちらでより印象に残ったのは竹のライトアップ。

http://www.nikko-kankou.org/event/1249/

こちらはまだ開始時期ではないので、サンプル展示が置いてある程度でしたが、くり抜かれた竹のライトはなかなか優雅。家に一本欲しい感じでした。(置くところもなく飾っても似合わないのですが)

東武ワールドスクウェアは今回イルミネーションを観覧することに。
直に点灯するタイミングを見ることが出来ました。

http://www.tobuws.co.jp/

イルミネーション後はマスコットたちとじゃんけん大会。
私は一人だけ負けました。(ので撮影係へ)
早速見学……の前に夕食。
バイキング形式のご飯は和洋中揃っており皆思い思いにいただきました!
唐揚げがやはり人気。

日が落ちると広々とした園内はやはり寒い!
ですが夜にしか見られないライトアップがところどころ。
特に建築物のミニチュアについては昼間に見るのと夜に見るのとではだいぶ趣が違うのではないでしょうか。
街灯や建物内の明かりで明るくなることはあっても、ライトで照らされる様子は実際の建築物ではなかなかないので真新しい印象になります。
近現代の建物については実際に内部や装飾としてライトが点いているものもあり、こちらはこちらでリアル。
夜の海に反射する街灯はミニチュアでも風情があるものです。
惜しむべきは駆け足になってしまったことでしょうか。
「見て回るだけならそんなに時間はかからないかも……」と思っていましたがとんでもない。
1つの建築物についても、別方向から見るとミニチュアの人形たちが見えたり、動かすことが出来たりするものもあったのです。
1つ1つの良さを見て回るとなかなか時間が必要なことだけが誤算でした。
後半は駆け足ながら、社員同士「これは何だ」「これはどこの国だ」などと言い合いつつ進みました。
世界の歴史や建物を、調べながらゆっくり進むとより一層楽しめるかもしれません。

東京についたころにはすっかり夜中。
それでも空気も日光と比べるとずいぶん暖かなことが印象に残ります。
急ぎ足ではありましたが、なかなか普段ではいけないところに行く機会を得られました。
こちらは東京駅。
東京駅もミニチュアがあったので、このあと行かれる方は是非現物と、この写真を比較してください。